Windowsサポート

Windowsをさらに安全に利用しよう

みなさんは、お持ちのWindowsのセキュリティ対策は万全であると自信を持って言えますか?
Windows 10またはWindows 11のデバイスを購入した場合、Windows Defender ウイルス対策(Microsoft Defenderとも呼ばれます)がWindowsセキュリティパッケージに含まれています。しかし、それだけで本当に安全なのでしょうか?こちらでは、Windows Defenderとその機能、安全性についてご紹介します。

Windows Defenderの機能と限界

Windows Defenderは優れた機能を備えています。しかしオンラインプライバシーを守り、サイバー脅威に対抗するためには、これだけでは不十分です。たとえば、VPNが欠如しているため、オンラインプライバシーの保護が十分とは言えません。

Windows Defenderを使用することでデバイスのセキュリティは向上しますが、VPNと併用することでプライバシーとセキュリティがさらに強化されます。特に、機密データにアクセスする場合や公共のWi-Fiに接続する場合に重要となります。PIA(プライベートインターネットアクセス)のサブスクリプションを利用すれば、VPNとプレミアムアンチウイルスソフトウェアを組み合わせて、24時間の保護を受けることができます。

Microsoftの内蔵セキュリティ機能

Windowsのセキュリティは年々強化されてきました。Windows11にはWindows Defenderが組み込まれており、リアルタイムの脅威からの保護を行います。しかし、これだけでは十分ではない場合もあります。

Windows Defenderの限界

・パッシブモードではリアルタイム保護が提供されない
・IPアドレスの隠蔽やオンラインプライバシーの保護は、VPNの方が優れている
・VPNが提供する暗号化によってトラフィックが保護される

追加セキュリティ機能
・ユーザーアカウント制御
アプリがコンピュータに変更を加える際に確認を求めることで、マルウェア攻撃を防ぎます。

・Windowsファイアウォール
入出力トラフィックを監視・制御し、複数の保護層を提供します。ハードウェアファイアウォールとの併用が推奨されます。

・自動更新
システムの脆弱性を修正するためのセキュリティアップデートが自動的にインストールされます。

・仮想化ベースのセキュリティ
ハードウェアとソフトウェアの仮想化を利用して、システムの重要な部分を保護します。

Windows Defenderだけでは不十分な理由

Windows Defenderは多くの脅威から保護しますが、全ての脅威を防ぐことはできません。特に、ゼロデイ脆弱性やフィッシング攻撃、未更新のサードパーティアプリケーションからの攻撃に対しては限界があります。

制限事項

・Microsoft製品に依存する必要がある
・他のブラウザを使用すると保護が低下する
・フィッシングサイトへの対応が不十分
・VPNが内蔵されていない

Windows Defender以外のセキュリティ戦略

・強力でユニークなパスワードを使用する
・疑わしいリンクや添付ファイルを避ける
・セキュリティパッチを迅速に適用する
・VPNを追加する

VPNがWindows Defenderを補完する方法

VPNを使用することで、データが暗号化され、オンライン活動が外部から保護されます。特に、公共のWi-Fiを利用する際やリモートワークを行う際に役立ちます。

VPNの仕組み
・暗号化
データが暗号化され、第三者がアクセスできないようにします。
・IPマスキング
VPNサーバーのIPアドレスを使用して、実際のIPアドレスを隠します。
・トンネリング
データが安全なトンネルを通過するため、第三者がデータを見ることができません。

VPNの利点

・強化されたセキュリティ
データが暗号化されることで、第三者による監視やデータ漏洩を防ぎます。
・プライバシーと匿名性の向上
VPNはオンライン活動を隠し、追跡やプロファイリングを防ぎます。
・リモートワークの安全な接続
共有ネットワーク上でも安全に企業のリソースにアクセスできます。

結論

デジタルセキュリティは一度で完了するものではなく、継続的な努力が必要です。Microsoftの内蔵セキュリティ機能は強力ですが、他のソフトウェアやサービスを組み合わせることで、さらに強固な防御を築くことができます。Windows DefenderとVPNを併用することで、オンラインプライバシーを守り、サイバー脅威からの保護を強化できます。